強力な支援者   

遅れに遅れている原稿に、さすがにやばいと思いまして、リンクでも繋がりのある、ブランコ紳士のサモエドさんに背景とトーン作業を手伝っていただいております。
現状の半死体状態の私の現状を理解いただいて手伝っていただいているわけですが、この人、恐ろしく出来る人間でした!!



「トーンを張ってくれるだけで満足なんだからっ!」
っと言っていただけでしたが、サモエドさんのトーン作業にはどうも背景作業も含まれていたようで、何もいわずにご厚意に甘える形に…。
「べ、別に、ここまで頼んだわけじゃ無いんだからっ///」
ご厚意に甘えた結果、私の原稿は見た目レベルがいっきに上昇したように見えました。
レベル1で、偶然はぐれメタルを倒したらこんな感覚になるんだと思います。
そんなわけで、例大祭本はゲストとサモエドさんの技術と優しさに支えられて出来上がった物になります。
本当に、背景がしっかりしただけで別物になるとは…。想像以上ですぅ~!!
[PR]

by wannkosoba_dokkoi | 2010-03-01 13:10 | その他

<< 入稿が終わったぉ 始めてから1年たっていた・・・ >>